923日(日)、興本図書館にて初心者向け一眼カメラセミナーを開催いたしました。

興本地域学習センターの第一会議室を借りてのセミナー開催。
今回は4名の方に参加していただきました。
ご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。

 

 

今回のセミナーは、これまでに参加された方々の意見をもとに、一眼カメラを使いこなすための基礎知識に接近する内容を、みなさんで勉強いたしました。露出、絞り、シャッタースピード、レンズの基礎、焦点距離、被写界深度、構図。これらについて基本的なことをお伝えしたあとに、テーブル上に小物をおいて撮影するテーブルフォトセミナーを実施いたしました。

これまでは、ソニーのカメラに備わっている「簡単操作(フォトスタイル)」をもとにレクチャーする内容でした。その意味では、今回のセミナーは、講師側においても挑戦的な内容となりました。

今回使用したカメラは、前回同様、ソニー一眼カメラ「α6000」。
こんなカメラです。

 

まずは、作例集を見ていただき、一眼カメラで撮影できるさまざまなシーンを確認いたしました。こうした写真がなぜ撮ることができるのか、カメラの基本的な要素である「露出」「絞り」「シャッタースピード」の話に触れることで理解を深めていただきました。

 

その後、レンズの基礎的な話、構図の話をさせていただきました。

 

これらの知識をおさえたうえで、次は実践的な撮影です。
下記のような撮影会場を設け、小物やお花などを撮影するテーブルフォトを行いました。

 

みなさんが撮影した写真はこちら。

みなさん、構図や前ボケ、後ろボケの手法をフル活用していただき撮影されました。

 

講師が撮った写真はこちら。

なお、今回用いたソニー一眼カメラ「α6000」は、こちらから購入することもできます。
ご参考にしていただけましたら幸いです。